小説の世界 さ行

小説の世界 さ行エントリー一覧

最近の感想

現時の俳壇に対して望ましい事は多々あるが、最も望ましい事の一つは理解ある俳論[#「理解ある俳論」に傍点]の出現である。かつて島村抱月氏は情理をつくした批評ということを説かれた。それとおなじ意味に於て、私は『情理をつくした俳論』を要望する。 合しても離れても、また讃するにしても貶するにしても、すべてが...

続きを読む

西鶴と科学

西鶴の作品についてはつい近年までわずかな知識さえも持合せなかった。ところが、二、三年前にある偶然な機会から、はじめて『日本永代蔵《にっぽんえいたいぐら》』を読まなければならない廻り合せになった。当時R研究所での仕事に聯関して金米糖《こんぺいとう》の製法について色々知りたいと思っていたところへ、矢島理...

続きを読む

性格を求む

クロポトキンは、チェーホフについて次のようなことを云っている。―― 若し社会の進化に何等かの理論があるものとすれば、文学が新たな方向を取り、既に人生に芽ぐみつつあるところの新たなタイプを造り得るに先立って、チェーホフのような作者が現われなければならない。兎に角、そういう場合には印象の深い別れの言葉が...

続きを読む

自画像

四月の始めに山本鼎《やまもとかなえ》氏著「油絵のスケッチ」という本を読んで急に自分も油絵がやってみたくなった。去年の暮れに病気して以来は、ほとんど毎日朝から晩まで床の中で書物ばかり読んでいたが、だんだん暖かくなって庭の花壇の草花が芽を吹き出して来ると、いつまでも床の中ばかりにもぐっているのが急にいや...

続きを読む

親しき中にも礼儀あり!彼を絶対に批判してはいけないポイントとは?

大好きな恋人にも、一点の不満もないという人は案外少数派。たいていの人は「ここがもうちょっとこうだったらな…」と思うポイントがあるものです。しかし、女子が思う以上に男子のプライドやこだわりは強いもの。軽い気持ちで意見すると、へそを曲げさせてしまうことにも。彼らがカチンとくるポイントはどこ?リサーチして...

続きを読む

快眠専門ショップ店長考案。腰を押すのではなく、身体と寝具の隙間を優しく支える。≪...

枕でつくる楽しい眠り“眠り製作所”ブランドにて機能性寝具を企画開発している、株式会社プレジール(本社:群馬県高崎市、代表:登坂好正)は、寝具と身体の隙間を埋める新しい感覚の腰枕『KOSHIRAKU〜腰楽〜』を発売。浅草の快眠専門ショップ”ソーノボン”から5月1日発売開始。お客様からの生の声を聞いて、...

続きを読む

卒業式の服

無くて七癖というように誰れでも癖は持っているものだが、水島の癖は又一風変っていた。それは貴方にお話してもおそらくは信じてくれないだろうと思うがその癖は『息を止める』ということなのである。 卒業式の服も始め友人から聞いた時は冗談かと信じなかったが、一日彼の家に遊びに行った時に笑い乍《なが》ら訊いてみる...

続きを読む