安達が原

安達が原

    一

 

 むかし、京都《きょうと》から諸国修行《しょこくしゅぎょう》に出た坊《ぼう》さんが、白河《しらかわ》の関《せき》を越《こ》えて奥州《おうしゅう》に入《はい》りました。磐城国《いわきのくに》の福島《ふくしま》に近《ちか》い安達《あだち》が原《はら》という原《はら》にかかりますと、短《みじか》い秋《あき》の日がとっぷり暮《く》れました。
 坊《ぼう》さんは一|日《にち》寂《さび》しい道《みち》を歩《ある》きつづけに歩《ある》いて、おなかはすくし、のどは渇《かわ》くし、何《なに》よりも足《あし》がくたびれきって、この先《さき》歩《ある》きたくも歩《ある》かれなくなりました。どこぞに百姓家《ひゃくしょうや》でも見《み》つけ次第《しだい》、頼《たの》んで一晩《ひとばん》泊《と》めてもらおうと思《おも》いましたが、折《おり》あしく原《はら》の中にかかって、見渡《みわた》す限《かぎ》りぼうぼうと草《くさ》ばかり生《お》い茂《しげ》った秋《あき》の野末《のずえ》のけしきで、それらしい煙《けむり》の上《あ》がる家《うち》も見《み》えません。もうどうしようか、いっそ野宿《のじゅく》ときめようか、それにしてもこうおなかがすいてはやりきれない、せめて水《みず》でも飲《の》ましてくれる家《うち》はないかしらと、心細《こころぼそ》く思《おも》いつづけながら、とぼとぼ歩《ある》いて行きますと、ふと向《む》こうにちらりと明《あか》りが一つ見《み》えました。
「やれやれ、有《あ》り難《がた》い、これで助《たす》かった。」と思《おも》って、一生懸命《いっしょうけんめい》明《あか》りを目当《めあ》てにたどって行きますと、なるほど家《うち》があるにはありましたが、これはまたひどい野中《のなか》の一つ家《や》で、軒《のき》はくずれ、柱《はしら》はかたむいて、家《うち》というのも名《な》ばかりのひどいあばら家《や》でしたから、坊《ぼう》さんは二|度《ど》びっくりして、さすがにすぐとは中へ入《はい》りかねていました。
 すると中では、かすかな破《やぶ》れ行灯《あんどん》の火《ほ》かげで、一人《ひとり》のおばあさんがしきりと糸《いと》を繰《く》っている様子《ようす》でしたが、その時《とき》障子《しょうじ》の破《やぶ》れからやせた顔《かお》を出《だ》して、
「もしもし、お坊《ぼう》さま、そこに何《なに》をしておいでだえ。」
 と声《こえ》をかけました。
 出《だ》し抜《ぬ》けに呼《よ》びかけられたので、坊《ぼう》さんは思《おも》わずぎょっとしながら、
「ああ、おばあさん。じつはこの原《はら》の中で日が暮《く》れたので、泊《とま》る家《うち》がなくって困《こま》っている者《もの》です。今夜《こんや》一晩《ひとばん》どうかして泊《と》めては頂《いただ》けますまいか。」
 といいました。
 するとおばあさんは、
「おやおや、それはお困《こま》りだろう。だがごらんのとおり原中《はらなか》の一|軒家《けんや》で、せっかくお泊《と》め申《もう》しても、着《き》てねる布団《ふとん》一|枚《まい》もありませんよ。」
 とことわりました。
 坊《ぼう》さんはおばあさんがそういう様子《ようす》の親切《しんせつ》そうなのに、やっと安心《あんしん》して、
「いえいえ、雨露《あめつゆ》さえしのげばけっこうです。布団《ふとん》なんぞの心配《しんぱい》はいりませんから、どうぞお泊《と》めなすって下《くだ》さい。」
 と頼《たの》みました。
 おばあさんはにこにこ笑《わら》いながら、

「まあまあ、そういうわけなら、御不自由《ごふじゆう》でも今夜《こんや》は家《うち》に上《あ》がってゆっくり休《やす》んでおいでなさい。」
 といって、坊《ぼう》さんを上へ上《あ》げてくれました。
 坊《ぼう》さんは度々《たびたび》お礼《れい》をいいながら、わらじをぬいで上へ上《あ》がりました。おばあさんは、囲炉裏《いろり》にまきをくべて、暖《あたた》かくしてくれたり、おかゆを炊《た》いてお夕飯《ゆうはん》を食《た》べさせてくれたり、いろいろ親切《しんせつ》にもてなしてくれました。それで坊《ぼう》さんも、見《み》かけによらないこれはいい家《うち》に泊《とま》り合わせたと、すっかり安心《あんしん》して、くり返《かえ》しくり返《かえ》しおばあさんにお礼《れい》をいっていました。
 お夕飯《ゆうはん》がすむと、坊《ぼう》さんは炉端《ろばた》に座《すわ》って、たき火《び》にあたりながら、いろいろ旅《たび》の話《はなし》をしますと、おばあさんはいちいちうなずいて聞《き》きながら、せっせと糸車《いとぐるま》を回《まわ》していました。そのうちだんだん夜《よ》が更《ふ》けるに従《したが》って、たださえあばら家《や》のことですから、外《そと》の冷《つめ》たい風《かぜ》が遠慮《えんりょ》なく方々《ほうぼう》から入《はい》り込《こ》んで、しんしんと夜寒《よさむ》が身《み》にしみます。けれどあいにくなことには、炉《ろ》の方《ほう》の火《ひ》がだんだん心細《こころぼそ》くなって、ありったけのまきはとうに燃《も》やしつくしてしまいました。
 おばあさんはふと坊《ぼう》さんの寒《さむ》そうにふるえているのを見《み》つけて、
「おやおや、まきがみんなになりましたか。お客《きゃく》さまがあると知《し》ったらもっとたくさん取《と》っておけばよかったものを、気《き》のつかないことをしました。どれどれ、ちょっと裏《うら》の山へ行ってまきを取《と》って来《き》ますから、お坊《ぼう》さま、しばらく退屈《たいくつ》でもお留守番《るすばん》をお頼《たの》み申《もう》します。」
 こういっておばあさんは気軽《きがる》に出て行こうとしました。
 すると坊《ぼう》さんはたいそう気《き》の毒《どく》がって、
「いやいや、この夜更《よふ》けにそんな御苦労《ごくろう》をかけてはすみません。何《なん》ならわたしが一走《ひとはし》り行って取《と》って来《き》ましょう。」
 といいますと、おばあさんは手をふって、
「どうして、とんでもない。旅《たび》の人に分《わ》かるものではない。まあまあ、何《なん》にもごちそうのない一つ家《や》のことだから、せめてたき火《び》でもごちそうのうちだと思《おも》ってもらいましょう。」
 といいいい出かけて行きましたが、何《なん》と思《おも》ったのか戻《もど》って来《き》て、
「その代《か》わりお坊《ぼう》さま、しっかり頼《たの》んでおきますがね、わたしが帰《かえ》ってくるまで、あなたはそこにじっと座《すわ》っていて、どこへも動《うご》かないで下《くだ》さいよ。うっかり動《うご》いて、次《つぎ》の間《ま》をのぞいたりなんぞしてはいけませんよ。」
 とくり返《かえ》し、くり返《かえ》し、念《ねん》を押《お》しました。
「どういうわけだか知《し》らないが、むろん用《よう》もないのに、人の家《うち》の中なんぞをかってにのぞいたりなんぞしませんから、安心《あんしん》して下《くだ》さい。」
 と坊《ぼう》さんもいいました。

 それでおばあさんも安心《あんしん》したらしく、そのまま出ていきました。

 

     二

 

 さておばあさんが出て行ってしまうと、坊《ぼう》さんはただ一人《ひとり》、しばらくはつくねんと炉端《ろばた》に座《すわ》ったままおばあさんの帰《かえ》りを待《ま》っていましたが、じき帰《かえ》ると思《おも》ったおばあさんはなかなか帰《かえ》って来《き》ません。何《なに》しろ西《にし》も東《ひがし》も分《わ》からない原中《はらなか》の一|軒家《けんや》に一人《ひとり》ぼっちとり残《のこ》されたのですから、心細《こころぼそ》さも心細《こころぼそ》いし、だんだん心配《しんぱい》になってきました。何《なん》でも安達《あだち》が原《はら》の黒塚《くろづか》には鬼《おに》が住《す》んでいて人を取《と》って食《く》うそうだなどという、旅《たび》の間《あいだ》にふと小耳《こみみ》にはさんだうわさを急《きゅう》に思《おも》い出《だ》すと、体中《からだじゅう》の毛穴《けあな》がぞっと一|時《じ》に立《た》つように思《おも》いました。そういえばこんな寂《さび》しい原中《はらなか》におばあさんが一人《ひとり》住《す》んでいるというのもおかしいし、さっき出がけに、妙《みょう》なことをいって度々《たびたび》念《ねん》を押《お》して行ったが、もしやこの家《うち》が鬼《おに》のすみかなのではないかしらん。いったい「見《み》るな。」といった次《つぎ》の間《ま》には何《なに》があるのか知《し》らん。こう思《おも》うと、こわさはこわいし、気《き》にはなるし、だんだんじっとして辛抱《しんぼう》していられなくなりました。それでもあれほど固《かた》く「見《み》るな。」といわれたものを見《み》ては、なおさらどんな災難《さいなん》があるかもしれません。
 坊《ぼう》さんはしばらく見《み》ようか、見《み》まいか、立《た》ったり座《すわ》ったり迷《まよ》っていましたが、おばあさんはやっぱり帰《かえ》って来《こ》ないので、とうとう思《おも》いきって、そっと立《た》って行って、次《つぎ》の間《ま》のふすまをあけました。
 すると坊《ぼう》さんは驚《おどろ》いたの、驚《おどろ》かないのではありません。あけるといっしょに中からぷんと血《ち》なまぐさいにおいが立《た》って、人間《にんげん》の死骸《しがい》らしいものが天井《てんじょう》まで高《たか》く積《つ》み重《かさ》ねてありました。そしてくずれてどろどろになった肉《にく》が血《ち》といっしょに流《なが》れ出《だ》していました。
 坊《ぼう》さんは「あっ。」といったなり、しばらく腰《こし》を抜《ぬ》かして目ばかり白黒《しろくろ》させたまま起《お》き上《あ》がることもできませんでした。そのうちふと気《き》がつくと、これこそ話《はなし》にきいた一つ家《や》の鬼《おに》だ、ぐずぐずしているととんでもないことになると思《おも》って、あわててわらじのひもを結《むす》ぶひまもなく逃《に》げ出《だ》そうとしました。けれども今《いま》にもうしろから鬼婆《おにばばあ》に襟首《えりくび》をつかまれそうな気《き》がして、気《き》ばかりわくわくして、腰《こし》がわなわなふるえるので、足《あし》が一向《いっこう》に進《すす》みません。それでもころんだり、起《お》きたり、めくらめっぽうに原《はら》の中を駆《か》け出《だ》して行きますと、ものの五六|町《ちょう》も行かないうちに、暗《くら》やみの中で、
「おうい、おうい。」
 と呼《よ》ぶ声《こえ》がしました。
 その声《こえ》を聞《き》くと、坊《ぼう》さんは、さてこそ鬼婆《おにばばあ》が追《お》っかけて来《き》たとがたがたふるえながら、耳《みみ》をふさいでどんどん駆《か》け出《だ》して行きました。そして心《こころ》の中で悪鬼《あくき》除《よ》けの呪文《じゅもん》を一生懸命《いっしょうけんめい》唱《とな》えていました。そのうち、
「おうい待《ま》て、おうい待《ま》て。」
 と呼《よ》ぶ鬼婆《おにばばあ》の声《こえ》がずんずん近《ちか》くなって、やがておこった声《こえ》で、
「やい、坊主《ぼうず》め、あれほど見《み》るなといった部屋《へや》をなぜ見《み》たのだ。逃《に》げたって逃《に》がしはしないぞ。」
 というのが、手《て》にとるように聞《き》こえるので、坊《ぼう》さんはもういよいよ絶体絶命《ぜったいぜつめい》とかくごをきめて、一心《いっしん》にお経《きょう》を唱《とな》えながら、走《はし》れるだけ走《はし》って行きました。
 すると、お経《きょう》の功徳《くどく》でしょうか、もうそろそろ夜《よ》が明《あ》けかかってきたので、鬼《おに》もこわくなったのでしょうか、鬼《おに》の足《あし》がだんだんのろくなって、もうよほど間《あいだ》が遠《とお》くなりました。そのうちずんずん空《そら》は明《あか》るくなってきて、東《ひがし》の空《そら》が薄赤《うすあか》く染《そ》まってくると、どこかの村《むら》で鶏《にわとり》の鳴《な》き立《た》てる声《こえ》がいさましく聞《き》こえました。
 もう夜《よ》が明《あ》けてしまえばしめたものです。鬼《おに》は真昼《まひる》の光《ひかり》にあってはいくじのないものですから、うらめしそうに、しばらくは、旅僧《たびそう》のうしろ姿《すがた》を遠《とお》くからながめていましたが、ふいと姿《すがた》が消《き》えて見《み》えなくなりました。
 坊《ぼう》さんはそのうち人里《ひとざと》に出て、ほっと一息《ひといき》つきました。そして花《はな》やかにさし昇《のぼ》った朝日《あさひ》に向《む》かって手を合《あ》わせました。